【ポケモン剣盾 シーズン12 使用構築】8th ラティハッサム 【最終レート2106 70位】

イカタコです。

S12からラティオスが解禁されたので、7世代の時にずっと使っていたラティハッサムを使いたいと思いこの2匹から構築を考えました。

 

f:id:ikatako07:20201201220745j:plain


 【個体紹介】

ラティオス@心の雫/臆病

特性:浮遊

f:id:ikatako07:20201201222237p:plain

155- × -101(4)-182(252)-130-178(252)

流星群/サイコショック/雷/瞑想

 

7世代では眼鏡で使っていましたが、ハッサムがメガ進化できなくなり羽休めも没収されたため、ハッサムをクッションにしつつ殴る動きがかなり制限されると思いました。

そのためダイマックスとも相性の良く、ラティ兄弟専用アイテムの心の雫を持たせました。

技範囲が広いためタイプ受けのサイクルを一匹で崩壊させたり、流星群とサイコショックを採用したことで受けループにも強くでることができました。

 

 

ハッサム@オボンの実/意地っ張り

特性:テクニシャン

f:id:ikatako07:20201201223937p:plain

177(252)-167(12)-140(156)- × -111(84)-86(4)

バレットパンチ/蜻蛉帰り/馬鹿力/剣舞

 

ぴちさんのS8の調整を参考にしました。調整元 ↓

流星剣ウオハッサム【S8/最高2101・最終2077(128位)】 - Wild Pokemon Rating (hatenablog.com)

メガ進化が無くなっても強かったです。このパーティの軸となるポケモンでした。

ラティオスやウオノラゴンを展開するためのクッションになってもらったり、剣の舞を持っているため、自らエースにもなることが出来る唯一無二のポケモンだと感じました。

馬鹿力を採用したことにより、7世代のときよりもこのポケモンで見れる範囲が広がった点も良かったです。

 

 

サンダー@突撃チョッキ/臆病

特性:プレッシャー

f:id:ikatako07:20201201230702p:plain

165- × -105-177(252)-111(4)-167(252)

10万ボルト/ボルトチェンジ/暴風/熱風

 

ハッサム使いのりむさんがチョッキサンダー使いやすいよ~と言ってたので、真似してみたらとても使いやすかったです。ウオノラゴンを止めに来るカプ・レヒレのメタとして採用したつもりでしたが、チョッキを持たせたことにより特殊アタッカーとの殴り合いにもつよくなれることができました。

悪巧みを積んだアーゴヨンも後出しダイジェット×2で倒すことができる偉いポケモンでした。

S判定ができるため特性はプレッシャーにしました。

 

 

ウオノラゴン@拘りスカーフ/意地っ張り

特性:頑丈顎

f:id:ikatako07:20201201231754p:plain

165-156(252)-120- × -101(4)-127(252)

エラがみ/逆鱗/けたぐり/眠る

 

パーティのエースポケモンです。シーズン序盤からこのポケモンを通して勝つことを意識して対戦していました。火力が馬鹿なので相手のダイマックスを誘発させることができ、ポリゴン2カバルドンに引いて相手のダイマックスターンを枯らす動きも強かったです。

環境トップのポケモンでこのポケモンを受けられるのがカプ・レヒレくらいしかいないので、先ほどのサンダーと組み合わせることでサイクル戦を有利に進めることができました。

 

 

ポリゴン2@進化の輝石/生意気

特性:アナライズ

f:id:ikatako07:20201201233925p:plain

191(244)- × -112(12)-125-161(252)-58    (S0個体)

放電/冷凍ビーム/スピードスワップ/自己再生

 

特殊ダイジェットポケモンカイリューボーマンダ、サンダー)などがいた際にスピードスワップで切り返しができるため、選出していました。物理カイリューと物理ボーマンダはマッチングしないことで対策(泣)

僕のパーティはドラパルトが非常に重いので、このポケモンがいることで少しでも選出を抑制させることができればと思いましたが普通に出されました。

特性は火力重視でアナライズにしました。

 

カバルドン@アッキの実/腕白

特性:砂嵐

f:id:ikatako07:20201201235509p:plain

215(252)-132-187(252)- × -93(4)-67

地震/氷の牙/欠伸/怠ける

 

地面の一貫を切りたかったのと、エースバーンに勝てるポケモンがウオノラゴンしかいなかったため、カバルドンを採用しました。

ダイマックスエースバーンを受けられるように持ち物はアッキの実にしました。

氷の牙はランドロスとドラゴンタイプ意識です。

選出率は低かったですが出せば活躍してた気がします。

 

 

【選出】

<基本選出>

f:id:ikatako07:20201202001219p:plain + f:id:ikatako07:20201202001332p:plain + f:id:ikatako07:20201202001443p:plain

サンダーとハッサムのトンボルチェンで対面操作しつつウオノラゴンを通す。

相手の初手はウオノラゴンに強いポケモンを出してくることが多いので、こちらの初手はサンダーorハッサムから展開していく。

 

<VS受けループ、受けサイクル>

f:id:ikatako07:20201202002034p:plain + f:id:ikatako07:20201202002053p:plain +@1

サイクルを回しつつ、有利対面ができた際にラティオスで瞑想を積みダイマックスで一気に崩しにいく。

ウーラオスバンギラス、ドラパルトなどがいると辛い。

 

【結果】

TN イヌネコ 最終レート 2106 最終 70位

f:id:ikatako07:20201202002840j:plain

 

【Special Thanks】

・通話や構築相談に乗ってくれたハッサム窓の皆さん

・菱形色ウオノラゴンをくださったeijiさん

 

【最後に】

7&8世代両方ラティハッサムでレート2100を達成することができて凄く嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

f:id:ikatako07:20201230155530j:plain

レンタルパ置いとくのでよろしければ使ってみてください。

 

フロイトさんがこの構築ができた経緯を書いてくれてます。ラティハッサムを組む際の参考にどうぞ。↓

https://note.com/froito0724/n/n28c8b6e86cef