全力バレット

ラティオスとハッサムが好きです。

【ポケモン剣盾 シーズン28使用構築】超ザシオーガ【最終レート2103 6位】

イカタコです。
剣盾シーズン28シングルで使用した構築を紹介します。

【構築経緯】
一番使い慣れてる禁止伝説であるカイオーガから構築を考えました。
カイオーガともっとも相性補完に優れてる禁止伝説枠としてザシアンを選択、この2匹ではヌケニンに隙を見せるのでカバルドン、一般枠最強の珠サンダー、日食ネクロズマや受けよりのパーティに強いテッカグヤ、ザシアンやカイオーガメタモンにコピーされたときに困らない+対面の駒として優秀なヌケニンを採用し構築が完成しました。


【個体紹介】
カバルドン@突撃チョッキ/意地っ張り
特性:砂起こし

215(252)-180(252)-138- × -92-68(4)
地割れ/ストーンエッジ/噛み砕く/炎の牙

〈調整〉
HA振り切り

エグいカバルドン
ホウオウ、黒バドレックス、ディアルガ、サンダーなどとのダイマックスの打ち合いで勝てることができる最強のポケモンです。
基本はダイマックスするので地震はいらないと判断し、受けループ受けサイクルを破壊できる地割れを採用しています。
地割れを7割くらい当ててくれてた気がするので偉すぎました。
普通の起点作りカバルドンを使うのが下手すぎてこの型になりましたが、なんかめちゃくちゃ強かったので逆に良かったです。


ザシアン(剣の王)@朽ちた剣/意地っ張り
特性:ふとうの剣

191(188)-244(252)-136(4)- × -136(4)-176(60)
巨獣斬/じゃれつく/ワイルドボルト/電光石火

〈調整〉
H:特化イベルタルのダイジェット+ダイアークを大体耐える
A:火力を落としたくないので特化
S:余り、ザシアンミラーで勝てればラッキー程度

後出しのアッキサンダーに受けられたり、火力が足りなくて負けるのを嫌ってA特化にしました。
対面選出の場合基本的に詰の駒として後発から出すことが多いので、素早さを振ってないせいで困ることなどは特にありませんでした。
最初はインファイトを採用していましたが、ホウオウ軸により勝てるように中盤にワイルドボルトに変えました。
シンプルに強いです。


カイオーガ@拘りスカーフ/臆病
特性:雨降らし

175- × -111(4)-202(252)-160-156(252)
汐吹/熱湯/雷/絶対零度

〈調整〉
CS振り切り

特性雨降らしにより炎技を半減できるのでザシアンやテッカグヤが非常に動かしやすくなります。
対面的な構築であるランドバドザシやザシオーガに対して主に出していました。
カイオーガはメタを貼られすぎて出せる構築が限られているのでダイマックス前提で運用するのは厳しいと判断し、出せる構築に対して上から圧をかけていけるスカーフで採用しました。
自分と似たような構築のカイオーガが大体チョッキだったので、そのおかげもあってかスカーフをあまり警戒されないのも強みでした。


サンダー@命の珠/臆病
特性:プレッシャー

165- × -105-177(252)-111(4)-167(252)
ライジングボルト/暴風/熱風/電磁波

〈調整〉
CS振り切り

普通の珠サンダー、大体初手に出してダイマックスをしていました。
特性は麻痺を引きたい場面が特になく、S判定ができた方が何かと便利だったのでプレッシャーで採用しました。
目の前のポケモンに通る技を押してるだけで強かったので使いやすかったです。
電磁波は後発から出てくるポケモンをザシアンやカイオーガで上から縛る為と、テッカグヤとのシナジーが良いので採用しました。


テッカグヤ@食べ残し/図太い
特性:ビーストブースト

204(252)- × -163(204)-128(4)-125(28)-84(20)
火炎放射/宿り木の種/身代わり/守る

〈調整〉
HB:ネクロ意識で厚めに
HD:C4振りトリトドンの熱湯を身代わりが確定耐え
S:ラッキーポリゴン2意識

こちらが先行でダイマックスを切った場合、相手の後発から出てくるネクロズマがきついのでネクロズマに受け出しが安定するポケモンとして採用しました。
主にサイクルパや受け構築、ネクロズマがいる構築
に対して選出します。
サイクル寄りの構築はザシアン受けとオーガ受けが必ず入っており、こちらのザシオーガを考えたときにその2匹の選出を強要させることができるので、初手ダイマサンダーまたはカバルドンで荒らしてからカグヤでTODを仕掛けにいく動きを取ることができます。
ザシオーガの圧力によりこのポケモンが通ることが多かったので、間違いなくザシオーガの並びの補完として優秀なポケモンだと思います。


ヌケニン@気合いの襷/寂しがり
特性:ふしぎなまもり

1-156(252)-45- × -50-92(252)
ポルターガイスト/影打ち/鬼火/堪える

〈調整〉
AS振り切り

特性と堪えるによって相手のダイマターンを枯らすことができる、ザシアンとカイオーガをコピーされた際の引先になることができるなど柔軟な動きを取れるため採用しました。
ポルターガイスト+かげうちによる縛り性能が高いので普通に対面の駒としても強かったです。
ただ終盤は弱点技があらゆるところから飛んできて少し動かし辛かったです。それでも個人的にはザシオーガのタスキ枠として一番強いと思います。



【結果】
TN ゆの 最終レート2103 最終6位

TN のん 最終レート2060 最終26位

【Special Thanks】
・メインのSwitchが壊れてたときにポケモンを貸してくれたぐらんさん
・ぽつうしてくれた皆さん
・最終日応援してくれた皆さん

レンタルパーティ公開してます。よかったら使ってみてください👍

ぜろむつさんから素敵なイラストを頂きました!

ここまで読んでいただきありがとうございました。