全力バレット

ラティオスとハッサムが好きです。

【ポケモンSV シーズン14使用構築】流星バレット【最終レート2135 49位】

イカタコです。
SVシーズン14シングルで使用した構築を紹介します。
対面×サイクル構築になります。

※レンタルパーティ消しました
 
    

【構築経緯】

レギュE以降使ってるスタンパに強めの鉢巻カイリューお盆ハッサムパングロ連撃ウーラオスの並びから構築をスタートしました。
次に新解禁ポケモンラティオスを使いたかったので採用しました。この構築の軸はハッサムなので、ハッサムと組み合わせた時に一番強い型を模索した結果、パオジアンとハバタクカミを上から殴れトリックで展開阻止のできる拘りスカーフを持たせました。
残りの2匹は、この構築で重くなりがちな連撃ウーラオス、炎オーガポンに対面で勝てるパワフルハーブを持たせた頑丈ブリジュラス、新解禁のブリジュラスに強めでキョジオーン入りでも選出が歪ない対面駒として暁ガチグマを採用して構築が完成しました。

【個体紹介】
ラティオス@拘りスカーフ/臆病
テラスタイプ:鋼
特性:浮遊

155- × -101(4)-182(252)-130-178(252+)
流星群/ラスターパージ/波動弾/トリック

〈調整〉
CS振り切り

サイクル戦、展開構築に主に選出しました。
拘りスカーフを持たせているので相手の構築にハバタクカミやパオジアンなどがいても気にせず選出することができました。
積んでくるポケモンに対して高火力の押し付けトリックの両方で対応が可能な点、カイリューでサイクルを疲弊させた後にラスターパージで一貫を取る動きが強く感じました。
上位帯ではメタ対象から外れているので終盤になるにつれて活躍度が増していき、たくさん選出できて楽しかったです。最終日も勝利に貢献してくれました。
サーフゴーには何もできないのでそこだけ注意が必要でした。
テラスタイプは浮遊と相性の良い鋼で使用しました。


ハッサム@オボンの実/意地っ張り
テラスタイプ:悪
特性:テクニシャン

177(252)-169(28+)-146(204)- × -103(20)-86(S4)
バレットパンチ/蜻蛉返り/叩き落とす/剣舞

〈調整〉
A:バレットパンチで化けの皮が剝がれた無降りミミッキュ確定
HB:特化珠ミミッキュのA↑2テラスタルシャドークロー確定耐え
HD:特化サーフゴーのシャドーボールでオボンの実食べる
S:ミラー意識で4振り

安定感の塊

不意の炎技で死ぬことがありますが、それ以上に事故が少なくこのポケモンのおかげで毎シーズン高い勝率を保つことができてます。
S14も100戦以内でレート2000に乗ることができました。
クッション性能も対面性能も非常に高くスイーパーにもなれます。シーズン通して出さなかった試合は3試合くらいでした。
強くてカッコイイ最高のポケモンです。

カイリュー@拘り鉢巻/意地っ張り
テラスタイプ:飛行
特性:マルチスケイル

167(4)-204(252+)-115- × -120-132(252)
テラバースト/逆鱗/地震/神速

〈調整〉
AS振り切り

最強ポケモン
連撃ウーラオス、各オーガポンと殴り合えるラティオス対面性能の高いブリジュラスを後ろに置くことが可能になったため、レギュEまでと違って初手からテラスを切って荒らすことができるようになりました。
環境上位のポケモンに軒並み飛行テラバーストが通るので。数的有利を取ることができ有利に試合を進めることができました。



ウーラオス(連撃の型)@パンチグローブ/意地っ張り
テラスタイプ:電気
特性:不可視の拳
175-194(212+)-126(44)- × -80-149(252)
水流連打/雷パンチ/冷凍パンチ/アクアジェット

〈調整〉
A:出来るだけ高く
HB:陽気鉢巻連撃ウーラオスインファイト確定耐え
S:ミラー意識の準速

BIG6に強めのウーラオスです。
ブリジュラスが環境に入ってきたことで格闘技を入れることも考えましたが、ディンカイサフゴ系統のBIG6を意識した技構成で使用しました。
レギュEの時より選出率は落ちましたが、選出した際は活躍してくれました。


ブリジュラス@パワフルハーブ/臆病
テラスタイプ:妖精
特性:頑丈

165- × -151(4)-177(252)-85-150(252+)
流星群/ラスターカノン/エレクトロビーム/メテオビーム

小学生型ブリジュラス
初手カイリューで荒らして二手目で出す動きが強かったです。
最速にすることで準速ウーラオスや遅いオーガポンを抜けるのが偉かったです。
エレクトロビーム+流星群でスカーフ以外のサーフゴーに勝ててしまうので対面の鬼でした。
カイリューハッサムの選出をより強くしてくれたと思います。
ウルトラマンの怪獣に出てきそうな見た目をしていて個人的に好きです。
テラスタイプは両ウーラオス、ブリジュラスミラーを意識してフェアリーにしました。


ガチグマ(アカツキ)@気合いの襷/臆病
テラスタイプ:ノーマル
特性:心眼


189(4)- × -140-187(252)-85-114(252+)
ブラッドムーン/大地の力/ハイパーボイス/真空破

ぴちさん考案の速すぎる襷ガチグマ
ブリジュラスとキョジオーン入りの対面構築に対して、こちらの選出パワーを落とさずに対面選出を可能にしてくれるポケモンでした。
遅いカイリューとブリジュラスをたくさん葬ってくれました。
初めてまともに暁ガチグマを使ったけど強すぎました。


【選出】

多かった選出を書いときます。あくまでも参考程度でお願いします。

基本選出
@1
選出の順番は相手の構築を見ながらになります。初手ハッサムは基本的にしません。

<VS BIG6系統
・ディンルー入り
ディンルーに隙を見せないように初手連撃ウーラオス始動です。


・その他
この構築が初手にハバタクカミ、ガチグマを誘うのでカイリュー始動、カイリューで相手の特殊アタッカーを倒してブリジュラスハッサムを通します。


<VS対面構築
の選出が一番多かったと思います。

・ブリジュラス、キョジオーン入りの対面構築
不利展開にならないように初手暁ガチグマ始動です。


<VSサイクル構築
サイクル戦はラティオスが一番輝くところだと思ってます。
HDランド+物理受けの構築が多かったので、初手カイリューで荒らして特殊アタッカーを通すことが多かったです。
相手の構築を見てラティオスの速さを生かしたりトリックを絡めて崩すか、ブリジュラスの高火力と技範囲で崩すかを考えます。
or

<VS展開構築
ディンルー以外の展開構築には初手ラティオスで相手のステロ展開等の阻止を狙います。
他のポケモンが来てもラティオスがスカーフを持っているので事故を防げます。


カイリューハッサムじゃないか?というツッコミはやめてください!
この構築できついポケモンはイーユイとタケルライコです。


【結果】
TN S☆イカタコ 最終レート2135 最終49位

7,8,9世代と3世代連続ラティハッサムでレート2100を達成することができました!
ラティオスハッサムはランクマを始める前から好きで、ラティハッサムポケモン対戦の基礎を教えてくれた構築なので僕にとって特別なポケモンたちです。
サンキューS☆ラティハッサム